家族葬プランの葬儀の流れ

家族葬というプランは、1990年ごろから行われるようになった比較的新しいタイプのものです。そのため、中には家族葬のお葬式に参列したことがないという人も多くいます。今まで体験したことがないようなプランだと、通常と大きく異なる点があるのではないかと不安に感じてしまうこともあるかもしれません。そういったことを解消するためにも、家族葬の場合はどのような流れによって供養が進んでいくのかについて紹介します。これを知っておけば、いざこのプランを利用することになった時に安心して利用することができるでしょう。

実際、家族葬の流れというのは、一般的なお葬式と違う点がほとんどないので心配する必要はありません。葬儀を進めていくスケジュールなどは一般的なものと同じと認識しておきましょう。異なる点といえば、参列する人が比較的少人数であるという点と、家族や親戚などが参列者のほとんどであるという点です。納棺や通夜、葬儀、火葬などは一般的なお葬式で行われるのと同じように進められていきます。

もし、今までに葬儀に参列した経験などがなく、葬儀の流れがわからないという場合は、一般の葬儀の流れを事前に調べておくと不安が軽減します。一般的な葬儀の流れを理解しておけば、家族葬のプランを選択しても、流れがわからずに困るということがないので安心です。